まだ帰らないもん

d0037896_1274552.jpg

塀の上のコービー。
このコはほんとに外が好き。 お天気良ければ1日中お出かけです。
お腹が空いたら帰ってくるでしょ、と思っていても、お外でつまみ食いしてるんだな、これが。
一応帰ってくる。でもあんまり食べない。 こういう時は怪しい。 絶対何かお腹に入ってる。
バッタか、小鳥か、はたまたお隣の菜園にいるネズミか・・・

今の季節、こちらは桑の実がいっぱい。 コービーは猫のくせにこれが好物で、実が落ちてくるのをじっと待ってるのです。
因みにこの桑の木はお隣のヤツで、ものすごく大きくなって、枝が我が家まで張り出ているのですよ。 うまく採れれば、人間もお相伴にあずからせていただきます。
とっても美味!!
[PR]
# by mymario | 2005-05-03 01:41 | 我が家のニャンたち

あ、ここが一番おいしいよォ

d0037896_351358.jpg

ちょっとぉ、また、なんでそんなとこで飲むのぉ!!

だって、おいしいよお、ここの水。 それに飲みやすいしぃ。

このコはいつもそう。 我が家にはちゃんと入れ物にいれた水が、4つもあちこちに置いてあるのに浴室に直行。 ドアが閉まっていれば開けろと催促。
普通の入れ物からだとわざわざこぼして、床の上に流れた水を飲むんだから。 そのたびに拭かなきゃいけない手間を考えたら、蛇口から飲んでくれたほうが・・・楽・・・か。
[PR]
# by mymario | 2005-05-02 03:59 | 我が家のニャンたち

海~

d0037896_323395.jpg

モロッコのイメージとして、皆、砂漠を想像すると思うけれど、この国はいろいろな顔を持つのです。

モロッコと海! 
だって、北のモロッコの玄関口は地中海。 降りてくれば西は大西洋。 私の住む街もこの大西洋に面した首都の街。 1年を通して風が強いけれど、この海からの風のおかげで夏は快適なのです。 湿気も少ないし、何よりも私の大嫌いな日本のあの梅雨がないのが嬉しい。 夏は蒸し暑い日本の夏よりずっと過ごしやすいのです。

この間、久しぶりに夏に日本に帰った時は、悲惨でした。 良くあれだけの水分が自分の体の中にあったと思うくらい、ものすごく汗をかいて、げんなり・・・こっちにいるとあまり汗をかかないのです。 きっと体質も少しずつ変わってくるんだろうな。

大西洋の海は波も荒く、水が冷たいので、真夏でもよっぽど暑い日じゃないと泳ぐ気がしない。
まりおを連れて海に行くのもシーズンはずれのことが多い、今日このごろ。
この写真も実は、ちょっと前、まだ寒いころのものです。 あしからず。
[PR]
# by mymario | 2005-05-02 03:40 | まりお

何に見える?

d0037896_18335588.jpg

やっぱ、パトリックの背中(いや、お尻か)は大きい。でかい猫だ。 4匹生まれた内の一応長男。 生まれた時から大きかったけれど、その後も食べることしか関心がないのか、お前は!・・・の路線をしっかり突っ走ったため、どんどん育ってしまった・・・でも運動も良くするので触るとムチムチ。

擦り寄ってくる時の頭ツキ攻撃が趣味。 飲み物手にしている時にはそれに向かってやるので油断ができない。 アチチのコーヒーを飲もうとカップを口に運んだ瞬間にやられた時には・・・

猫はその猫の頭の大きさがその猫の胃の大きさに匹敵すると何かに書いてあったけれど、もしそれが本当ならパトリックは必然的に胃もでかいことになる。
となるとたくさん食べるのも仕方ないか・・・その分動いてればね。
[PR]
# by mymario | 2005-05-01 18:46 | 我が家のニャンたち

走れ!!

d0037896_22312861.jpg

犬はやっぱり走らなきゃ!! 走っている犬、だあい好き。 一番犬らしい元気さが伝わってきて、こっちもエネルギーみなぎってくる。

ウィンダはいつも全力疾走。 ごはんの時でさえ、待ての後のヨシで、ごはんの入れ物に突進。ちょっと距離があれば全力で飛んで行きます。 落ち着きがないように見えますが、実際、落ち着きがないのだけれど・・・動作が速い、とは受け取れないか・・・ちと、無理か。。。

この写真はモロッコにもある犬のクラブ。 躾け一般から希望すれば全部の犬とはいかないけれど、競技会用の訓練もしてくれます。
来ているのはほとんど大型犬。 たまに中型がきているけれど稀ですね。 
70%がG・シェパでしてモロッコの人気犬種のナンバー・ワン。 番犬として飼われていることが多いかな。 我が家もウィンダは外飼いでしっかり番犬、やってもらっています。 優秀ですよお。 お仕事中のウィンダには見知らぬ人はまず近づけないですもんね。 でも家族にはとびきりの愛情を示してくれる優しいウィンダでえ~す。
[PR]
# by mymario | 2005-04-30 18:05 | ウィンダ

わたしは誰?

d0037896_2123416.jpg

シャンプー後のまりお、キミではないか。 シャンプーの後軽く拭いて、ドライヤーで少し位乾かしてやろうという親心は全く無視して、逃げまわったあげくの キ・ミだよぉ。
[PR]
# by mymario | 2005-04-30 02:13 | まりお

3匹 兄妹ニャン

d0037896_013086.jpg

左から、ステフィー(めす)  パトリック(おす) コービー(めす) 7歳。
もう1匹いたのだけれど、隣の犬にヤラレテしまった・・・・グスグス涙・・・
ノラのななちゃんというメスねこが当時我が家のプリンス格でいたオスねこを誘惑してできたコたちなのだ。 貰い手がなくて結局全部うちで育てた。 ななちゃんの写真は後日UPします。いや、できたかあさん猫だったなあ。 妊娠、出産、そして腎不全で亡くなったのだけれど、結局、最期は私の腕の中で息をひきとりました。
ななちゃんの思い出は過去ニャンで別カテにしましょう。
[PR]
# by mymario | 2005-04-30 00:27 | 我が家のニャンたち

モロッコの猫

まずは、我が家の猫たちですが、モロッコでは猫は犬よりいばってる。
イスラムの教えではちょっと猫は大事にされているのです。
幸せなモロッコの猫たち・・・とは現実は厳しいから手放しでは
言えないけれど、半ノラちゃんがたくさんいます。
それでうまくテリトリーが定まっていれば、結構天国かも。

d0037896_23433773.jpg

とりあえずは、うちのニャン。
今、4匹。 全部ノラのかあさんが生んだコたちです。

1匹め。 パトラといいます。 ノラだったかあさんにクレオと名づけ、
その子どもだから、パトラ。 12際の老嬢です。 生まれた時に
片目が開くのが遅くて膜がかかったまま。
12年前はまだモロッコのペット事情なるものも良くわからず、
病院にも連れて行ってあげられなかったのが悔やまれます。
後から聞いたら、早い内だったら簡単な手術で取り除くことが
できたそう。 このパトラが我が家のニャンの筆頭。 
この後ガンガン多頭飼いになったので彼女には随分、苦労させて
しまいました。 ごめんね、パトラ、長生きしてね。

スーパー・キャット スタイルでお休み中のパトラです。
[PR]
# by mymario | 2005-04-30 00:00 | 我が家のニャンたち

もう1匹のワン

G・シェパのウィンダ、メス、7歳。

この頃ちょっとは落ち着いた?
オスに間違われる元気の良さ! いいよね、元気が一番!!

この間7歳になったばかりだけど、シニアの年齢に入ったことになるのかなあ。
でも、今朝も飛び跳ねてたからまだまだ若い、ハツラツ・ウィンダ嬢であります。
よろしく!!d0037896_18425846.jpg
[PR]
# by mymario | 2005-04-29 18:43 | ウィンダ

まりお オス 4歳


まりおです。 お初にお目にかかります。

一応 ラサ・アプソという犬種に属しますが、何たってシャンプー・ドライヤー・ブラッシング、
三拍子 だ~いきらいのコなもので、ミテクレがただの長毛種の小型犬。
ま、いいか。 可愛いから許しちゃう。

他にもまりおの部屋には住人がおりまして、随時ご紹介いたしましょう。

我が家のワン・ニャン。 外のワン・ニャン。
モロッコの日常生活を交えながら、動物の話し、自然の話し、していきましょう。d0037896_1821445.jpg
[PR]
# by mymario | 2005-04-29 18:26 | まりお

モロッコ発信 我が家のワン・ニャン


by mymario
プロフィールを見る
画像一覧