カテゴリ:風景・自然・その他( 70 )

ザクロ

PC騒ぎでごたごたしてしている内に、10月になってしまいました。
今日は、日食ということで、日本ではももう、済んでしまったでしょうね。
モロッコは、今、朝の9時を回ったところですが、只今、日食中!です。
左側が少し欠けています。 今回どのくらい欠けるのかわからないのですが。

日食とは関係ないのですが、写真はザクロの実です。
今、たくさん出回っています。
日本にいる時、ほとんど食べたことがなかったのですが、こちらに来て、その美味しさにびっくり!
皮は、胃腸に良いということで、こちらでは乾燥させて粉末にして薬として用います。
ただし、苦味が強いので、ハチミツと混ぜたり、又は、少し乾燥させた後、ジャムを作る要領で、水とお砂糖を加えて煮て、ドロドロにして、毎日大きいスプーン一杯ほどそのまま食べる、など、民間療法として用いられています。
d0037896_18214188.jpg

d0037896_18233822.jpg

[PR]
by mymario | 2005-10-03 18:25 | 風景・自然・その他

ランプ

今度はごく普通のランプです。 中にロウソクを入れるタイプ。
d0037896_1234955.jpg

そして、もうひとつ。
d0037896_12729.jpg

アラジンの魔法のランプみたいなのが欲しくて、ずっと探していたのだけど、案外になく、こんなのを見つけました。
石でできています。飾り物だから、サイズは小さく15センチくらい。
↓上から見るとこんな感じ。先っちょのほうに多分油を入れて、丸い部分に火を灯すのでしょうね。
d0037896_1292083.jpg

[PR]
by mymario | 2005-09-30 01:33 | 風景・自然・その他

なんじゃ、これ?

さーてさて、なんじゃらほい、ですね、この実。。。ご存知ですか?
d0037896_0511673.jpg

d0037896_0543882.jpg
うーむ、なんだろう、食べられるのだろうか・・・・







食べられますよ、とっても美味しいんです♪
これは、原産が南米はペルーのトロピカルフルーツ、アノン、という木の実です。
果肉はクリーミーで、香りが良く、黒い種がポツポツとあります。
実はこれは我が家の後ろ側になるお隣さんの木。
ちょうど境の塀にもうちょっとで届きそうな所に実が生っているのをパチリとさせていただいた次第。
売っているはずなんですが今年はどういうわけか見かけず。(やはり珍しいのか値段的には高い!)

余談ですが、このアノン、仏語でanoneと綴りますが、このまま日本語の検索にかけたら、いっぱい出てきて、あれっと思ったら、anone ⇒ あのね 
これも一緒に検索に引っかかってきたらしいです。
文章に、<あのね> が入っているもの全部検索してくれたらしい・・・いっぱいなはずだわ。意味、おわかりでしょうか?
[PR]
by mymario | 2005-09-28 01:15 | 風景・自然・その他

お芋の季節

モロッコのサツマイモです。
d0037896_2393433.jpg

エキサイトブログのお仲間の、<おおきいばあちゃんのにっき>の、ookibachanさんから教えていただいて、サツマイモの飴炊きを作ってみましたが・・・飴がうまくからんでくれず、しかも煮崩れた!ちょっと失敗してしまいましたが、(恥ずかしげもなく)UP!!
d0037896_2315826.jpg

色も悪いなあ・・・でも、味はとっても良いのです。
ookibachanさんがおっしゃっていたように、ホクホク感がもうひとつのモロッコのサツマイモでも、ねっとりと仕上がりました。
再度挑戦してみます、ookibachanさん、ありがとうございました♪

因みに、我が家の男どもはサツマイモが嫌いなので、私が一人で全部食べました^^
[PR]
by mymario | 2005-09-23 23:24 | 風景・自然・その他

昨日の続き・・・

昨日、信号で止まった左手上の方向にこんな看板が・・・
d0037896_0313990.jpg

電話会社の宣伝で、 おじさん、はみ出してますが、特定相手電話番号を登録すれば割引お得ですよ、という宣伝です。 これで契約して、電話のコミュニケーションを広げよう、という意味かと・・・

で、無視してこの信号を左に曲がるとラバトの街の中心部に行けます。
真直ぐに少し進むと、右手にシェッラの墓地というのが現れます。↓
d0037896_0423484.jpg

16世紀の王朝の王家の墓地跡です。
しかし、1930年代にはフランス人によって、ローマ時代の遺跡が発見された場所でもあり、遺跡発掘は今も続けられています。
[PR]
by mymario | 2005-09-23 00:51 | 風景・自然・その他

昨日は失礼いたしました。
あれからもう一度、試してみましたがうまくいかず、その内に眠くなって寝ちゃいました^^
で、今朝、大丈夫そうなので、これからトライです!!

d0037896_16345890.jpg

フェズ、旧市街にある、なめし皮の工場です。
何百年も続いた伝統的な手作業での皮の処理が、今でもここで成されています。
生の皮の匂いがすごいです。 鼻が曲がりそうになるので、匂い中和のために、ミントの葉っぱを買って、鼻先に当てながらの見学でした。
こんな、現代では考えられない手作業の条件のもと、働く人も段々いなくなるので、給料は結構良いらしいです。伝統工芸の保存の一環で政府の援助も入っています。
皮は、牛のほか、羊、ヤギ、ラクダ、など。

(この写真は、その昔、私がフェズに行ったときに撮ったものです。)
[PR]
by mymario | 2005-09-19 16:54 | 風景・自然・その他

幹線道路でも、地方に行ってしまうとこんな感じ。
渋滞なんてないもんねえ。
d0037896_0273941.jpg

羊さんたちもお行儀良く並んで・・・
d0037896_0281968.jpg

あ、でも、時々こんなことに・・・
d0037896_0302546.jpg

のーんびり待ちましょう♪
[PR]
by mymario | 2005-09-17 00:34 | 風景・自然・その他

フェズ(Fes)にて。

息子が8月に旅行をしてきて、写真を撮ってきてくれました。

これこれ、これです。覚えていらっしゃいますか?
d0037896_1291530.jpg

サボテンの実! 内陸の町、フェズと言う所の旧市街で撮った写真ですが、こんな風に道端で売られています。
そして、↓ ロバさん。
d0037896_2114913.jpg

モロッコでは、ロバはまだ交通手段のひとつなんです。
特に地方へ行くとそこらじゅうにいます。
日本人旅行者が必ず、このロバの写真を撮るので、みんな、不思議がります。
ロバなんて撮って、どうするの?ってわけです。
いや、日本にはロバはいないんだ、と説明すると、へー、っと驚かれます。
そんなこんなで、モロッコ人の観光ガイドが、ロバ、という日本語を覚えてしまって、今では、ロバを見ると、さあ、皆さん、ロバです、写真をどうぞ! と言うようになったとか・・・
ロバは可愛い目をしています。 でも、ロバの鳴き声をご存知ですか?
普通は声は息を吐き出しながら出すものですが、ロバはまるで、息を吸いながら声を出しているかのようで、それはそれは哀れな声に聞こえます。
重たい荷物を背負わされ、人を乗っけ、ロバ生を哀れんでいるのでしょうか・・・
一度、お聞かせしたい。。。
[PR]
by mymario | 2005-09-14 02:14 | 風景・自然・その他

モニュメント

ラバトにある2代前の国王、 モハメッド5世の廟
d0037896_0252590.jpg

d0037896_029685.jpg

↑ 廟の前の広場。 ここは12世紀ごろに建てられた宮殿の跡地で、柱だけ、そのまま立ち残っています。 
手前、女の人が着ているのは、ジュラバ、という、こちらの所謂コート。

↓ 廟の入り口の門を守る衛兵。 夕方5時で勤務完了。引き揚げるところです。

d0037896_03514100.jpgd0037896_038210.jpg
   
[PR]
by mymario | 2005-09-11 00:49 | 風景・自然・その他

季節の変わりめ。

昨日、北の地方で雨の便りだったので、ラバトもそろそろかなあ、と思っていたら・・・
今朝方、ひとしきり、降りました。
4月以来、雨らしい雨は降ってませんでしたので、ホントにお久しぶり!という感じ。
お昼前には上がってしまい、また、お日様が射してきましたが、風が冷たく秋・・・かな?
d0037896_2352145.jpg


↑昨日の朝の空模様です。

↓ 去り行く夏を惜しんで・・・
d0037896_2346634.jpg

息子、17年前、3歳の夏でございます。。。
(ラバトから250キロ程、海岸線を南に下がった町、エル・ジャジーダの海岸にて。)
[PR]
by mymario | 2005-09-07 23:53 | 風景・自然・その他